FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


こらてらる

コラテラル』を観た。


笑顔がチャームポイント(と言われている)トム・クルーズが、
根っから悪役に挑戦!という話題作。
私がDVDを借りるほど観ようとしたのは、
彼ではなくて、作曲家のジェームズ・ニュートン・ハワードの音楽を
聴きたかっただけなんですけどね…


トムの他、のちに『Ray/レイ』で主演男優賞を獲得した、
ジェイミー・フォックスや、
マトリックス リローデット』からシリーズに参戦した、
ウィル・スミスの奥さん、ジェイダ・ピンケット=スミスなど、
著名役者がチラホラ。
私的にごめんなさい、
すっごく喜んじゃったのはジェイソン・ステイサム(笑)
映画の頭、イキナリ出てきてビックリ。
なのに以降出演ナシ!
いったい何のための彼なんだっ!!(でもウレシvv)

さて、内容は。



うん、まぁ面白かったと思います。
トムは、
表情をあんまり変えない役を熱演していたし、
なのにサスガ『ミッションインポッシブル』のイーサン!
走る・撃つシーンでは、その鍛えられた身体能力を
大いに魅せてくれましたっ!
どーでもいいコトですが、
私はトムはあんまり好みではナイの。(究極のどーでもいい発言)


でもやっぱ、ジェイミーが良かったな。
あんなに気の弱い(ってか優しすぎる?)役だとは思ってなかった。
でもトム演じるヴィンセントに翻弄されて、
ワタワタヒヤヒヤするシーンでは、
その演技力が光っていたね

で、何より(映画うんぬんより)、

トムとジェイミーの会話が良かった。

セリフが結構ウマい言い回しをしていて、
一つ一つ「あ、いいなぁこの言い方」って思った。
心理戦が見所な映画でもあったと思うけど、
それはやっぱりこの会話のおかげでは。
映画は盛り上がりが実は少なくて、
オチは(あれはあれで良いけど)スンナリ。
せっかくの悪役トムなら、
もっとドンデンデンドンした内容にしたらおもしろかったろうに。


陽面着陸計画より移行(2010年2月)
もともと『ファイナル・カット』、『シン・シティ』3作一緒に映画レポを綴りました。


ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 @POLLO, All rights reserved.