FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST

本日は学校の図書館で、

じょんQ

『ジョンQ』を観ました。
http://www.gaga.ne.jp/john-q/top.html

ずっとずっと観たかった。
デンゼル・ワシントンの映画って、
結構アタリが多いから。

この映画で彼はアカデミー主演男優賞に輝いたそうだ

陽面着陸計画より移行(2010年3月)

! 以下ややネタバレ注意 !

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======



確かに、ジョン(デンゼル・ワシントン)の涙につられました。
いや~、学校だったからどうしようかと思いながらも、
自然とツツツと涙が…
スゴいの!
パタパタと涙を流すの!
あれを観たら共感しちゃうょ、誰でも!

私はてっきり、
昔予告観た時に人種差別かなんかの話かと思ってた。
まぁたぶん、ある程度人種の問題もあって、
働く権利を制限されちゃったってのもあったと思うけど。

話のテーマは…
貧しい人にも治療の権利を。
医療のコスト削減問題の排除を。

かな。
一言二言で収まるような話じゃないけどね。

近頃日本でもいっぱいあるもんね、
医療問題。
許せないことばかりです。
もちろん医者という職業に就いている人を尊敬してます。
それこそ過酷な労働時間(『ER』観る限りね)を働いて、
人の命救ってるんだもん。
でもだからこそ、
患者に心底信頼させてくださいよ。
人間なんだから仕方ないかもだけど、
金儲けではなく、
医者としてもプライドを持って治療してください。

で、
ジョンの息子が健康診断で見つかってたはずの病気を、
コスト削減のため医者が黙っていた…かも。
という感じから物語りは展開していきます。
保険の問題とかも織り交ざってて、
なんだか勉強になりました。
突然余命わずかと宣告される息子のために、
ジョンは罪を犯してまで頑張ります。

内容は重いけど、
デンゼルのちょっとしたジョークとか、
あと満面の笑顔でなごみます。
うん、
喜怒哀楽がとことんウマぃ人だ

そうそう、
私が最近観たデンゼルの作品は、
『インサイド・マン』
http://www.insideman.jp/index.php
ブログに書いてなかったね…。
ほんと、最近ロードショーされて、
そしてDVDレンタルもされてます。
なかなかこの作品もオリジナリティーあってね。
たまたまポスター見て、
観ようってなったんだけど正解でした。
オチもシャレててステキです。
ホント途中は悪役が怖くてね…
珍しくデンゼンルが下ネタ発してたし(笑)

つーわけで、
めったにハズレないのよ、デンゼルは!
ぜひ観てみて

GOOD JOB度 ★★★★☆
(ちょっと展開に無理あったかな…なんて。)


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ2

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 @POLLO, All rights reserved.