FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST

たぶんグレッグ・キニア目的で
借りようとしたんだと思います。

あんのうん

unknown アンノウン』。


誰が誰?
彼らは何なの!?
なかなかおもしろかったです

陽面着陸計画より移行(2010年3月)

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

全くどんな映画なのか知らないで
作品を観るのも結構良いですよね。
(ハズれる時はイタいけど…)

最近は俳優目的で作品を選んだりもするので
(そうするとノーマークの作品が観れるってメリットも)
この作品はどんなモノなのか
色んな意味でドキドキ観ました。

レンタルDVDには最新映画の予告や
最新DVDの予告も入ってるんですが、
この作品にはやけにオカルト系が多くて、
まさか「アンノウン」もそっち系!?とかなり焦りました。 ヒドく苦手…


映画序盤。

(ちゃんと観たことないけど…)『ソウ』!? げげげっ

ホント始まり方が似てたんですよ。 設定っていうか。
心底不安に陥りましたが…

だんだんだんだん
ストーリーが進んでいくと楽しくなってきました。

予想外っていうか、
「えーっどゆこと!?」ってナゾにナゾが重なって、
予測するのが楽しいっていうか。
グレッグがかわいいっていうか。 はい。

一度観てみると良いかもっ





! 以下ネタバレ注意 !







有害ガスで一時的記憶喪失。

記憶喪失の理由がちょっと無理っぽ…まァいいか。
じゃないと全員記憶喪失になりませんもんね。

でも設定はなかなかおもしろかったと思う。
密室で記憶喪失の男が5人
誘拐されたヒトが2人。
あとはその犯人。
一体誰が誰なのか。

「記憶がないんだ。君は?」
「オレも記憶がない。」
と、言っても、
もしかしたらそんなのデマカセかもしれないし、
いつ記憶が戻って「犯人としての役割」をこなすかもしれない。
ヒトの頭の中(思考)は読めませんから。
そうした恐怖とか、
いかにヒトを信頼するか、
でもどこまで疑うか、
難しい心理戦でした。

観てる側としてはおもしろいですけどね。
徐々に徐々にそれぞれ、
断片的に記憶を取り戻し始める。
「うわーこのヒト思い出してきたじゃん!」
えっ てことは!?てことは!?
私には(当然)身の危険がないので、
疑うも信じるも予想するも、楽しい楽しい


でも一番不安だったのが、
グレッグが犯人じゃなかろーか。
と、いうこと。

主人公がジェームズ・カヴィーゼルって人なんですが、
この人がもしや…?とも思ってたんですよ。
この人嫌いっていうイメージが
なんであるんだろうって考えたら、
あァ!『デジャヴ』での変態犯人役だった!!
でも主人公だしなーっていう、お決まりも有り得るので半信半疑。

じゃァ誰を疑うかって言ったら、みんな怪しいし。
ジョー・パントリアーノっておじさんは、
イスに手足を縛られ、
ジェレミー・シストって人は、
胸を銃で撃たれて手錠され、
バリー・ペッパーって人は、
顔が悪人ヅラ。やたら正義信アリ。    
な状態でスタート。

このバリー・ペッパーっていう人は、
最近では『ワンス・アンド・フォーエバー』でお会いしてます。
なんででも悪人イメージがあるんだろうか…。


さて。
ここで大きくネタバレをしちゃうと、


グレッグは犯人ではありませんでした
途中ウソっぱちだったのかと思えば、
しっかり思い出していたんですね。
そして生還。もとの生活。


に、なる前に…

え…危ないっ!


ギャーッ死んじゃったーっ!!

ぐっ グレッグを殺します!?
だってイイヒト役だったんじゃないですか、結果的に!
あんなに熱演してたのに…!!!

許すまじ、誘拐犯の親玉は
プリズン・ブレイク』のアブルッチ(笑)こと、
ピーター・ストーメアでござんす。
最近では『9デイズ』で目撃。 ガブで一杯で書き忘れてた…
お決まりの悪役。 あと(今作は違うけど)やたらロシア人役多し。
でも結構好きだったりする私


ここまでドンデンした内容の場合、
ラストがウマくまとめられるか心配になります。

でもなかなか良かったんではないでしょうか。
潜入捜査官という形で誘拐犯と同行し、
おそらく捕まえるつもりでいたんだろうけど、
でも結局誘拐した被害者の
奥さんと浮気をするため
その旦那を犯人に見立てるみたいなエッライことに。
まァそのへんはラストでタタタンと仄めかして
そのままエンディング な流れだったんで、
まとまりも良かったと思います。

ちなみ主人公の浮気相手の女性は
(ってか男性の方は離婚したっぽいからイイのか。)
リクルート』にも出てたブリジット・モイナハンってヒト。
個人的にはあんまり魅力感じないけど…



とにかくね、密室でお互い誰か知れない。
そうしたキリキリした人間関係が
(視聴者的に)楽しく描かれていました

にしても今回のグレッグもまた、
新鮮だったなーァ。
やっぱりウマいよ、彼!
そしてキュートだっ!鼻血たりーん


ランキングに参加しています。
少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ2

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





過去に頂いたコメント移行(2010年3月)

【2008/03/25 18:52】RIELU さん

訪問有難う御座いました。
今後ともどうぞ宜しくです。

グレッグ・キニア、かなりお気に入りみたいですね(笑)
確かに味のある顔をしてますし演技も良いですもんね。
でも死んでしまって…残念でした。
最後の展開はどんな風に終わるのかと思ってたんですが、
まあ今思うと「あれも有りかな~」と思ったりしてます。

私もTBさせてもらいました。
応援ポチ。

【2008/03/26 12:20】 なるは返信分

>>RIELU さん
  わざわざお越しいただいてありがとうございます!

  グレッグお気に入りですね、とっても(笑)
  その他にもたくさんお気に入りは腐るほどいるんですけど…
  
  ラストは勢いに任せて…という感じだったので、
  「え?」とか「は?」とかを考えさせなくて良かったかなぁとか
  思ってます…が、無理はありますよね。
  ただそれまでも登場人物同士の
  心理的駆け引きなんかはおもしろかったかなぁと。

  応援ボタンのクリックありがとうございます!
  これからもTBなどもよろしくお願いします!
【2010/03/20 04:17】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 @POLLO, All rights reserved.