FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST

ス ペ イ ン

決勝戦

すぺいん

初進出

おめでとう !!!!

7日のドイツ戦は
観るのが恐くて恐くて仕方がなかった。

スペインが勝つ!と思いつつも、
やっぱりドイツの驚異的な得点力とスピードは
今大会に衝撃を与えたし。

でも、赤のユニフォーム切り開いた
ピッチをスペインのペースに持ち込んで、
好機を果敢に探った。

このチーム、大ッ好き!!!

歓喜の嵐!ビバ!エスパニョール!
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

序盤から圧倒的な支配率。
ドイツは何かを隠し持っているのではないかと
かなり警戒してしまったけれど、
イングランド戦やアルゼンチン戦で観た
あの「恐怖」を感じなかった。

まだ全然、「サッカー」を観る目がないので
ドイツの動きを封じた決定的な理由がわからないけれど、
すぺいん
やっぱりスペインがうまかったということ?
すぺいん
スペインのパスサッカーが芸術だったということ?



前半はなかなか攻め入ることができないスペイン。
それでもボールを持って、ドイツゴール周辺をかき混ぜる。

でも決定打がない!
これまでのスペインの試合結果はドイツと対象的で、
1点差で勝ちあがってきたスペイン。
これを、「ギリギリ」だったと取るか、
これがスペインの「ペース」だったと取るか。

パラグアイ戦は確かに接戦だったけど、
あの一戦を観たからか、
今回のドイツ戦は比較的スペインの「ペース」を信頼できた。
もちろん、あと一歩及ばず…が悔しいけれど、
でもきっといつか、ドイツのディフェンスをこじ開けると思った!

そのきっかけは?
メンバー交代を待つ??

今試合のスターティングメンバーでは
怪我による不調でフェルナンドとセスクをベンチへ。
代わりにペドロを投入してきたデルボスケ監督。
うん、善い采配。
じゃぁ、交代はきっかけにならない。
きっかけはどこに?


ボールを保持し続け
ドイツを圧倒した前半を終えると、
ロッカールームに引き上げる「世界最高のパサー」シャビをつかまえる。
そして激しく語りかけたこのままじゃダメだ。
シャビの表情がみるみる厳しいものになる。


シャビに語りかけたのは、
すぺいん
スペインの闘牛:プジョル。

スペインというチームを応援するようになって、
スペインにどういう選手がいるのかやっと知り始めた中、
このプジョルという人だけはなんだか異色だなって思ってた。
なんか雰囲気が抜きん出てた。
スペインチームの中で「無い」ものがある人。


今日ハイライトで、前半戦が終わった後の
選手達の様子に注視した。

そしたら本当だ!
プジョルがシャビを追っかけて、
すごい形相で何かを伝えてる…!!!
「シャビの表情がみるみる厳しいもの」になった
シャビの顔を観たいなぁだなんて思ったりして

とにかく、
スペイン「ペース」に満足してんじゃ勝てねえ!って言ったんだろうね。
あるかないかのチャンスを見つけるのではなく、
こじ開けなければ勝利は来ない。


後半。
キックオフ前に、シャビとビジャが険しい顔つきで話し合う。
「行くぜ」「いきなりけしかけろ」。
それはシュートまではいかない切り込み方だったけど、
スペインのスピードが変わった。

一辺倒の攻めともおさらば。
空いている人からどんどん打つ打つ。

そこはシャビの腕…否、の見せどころ
イニエスタと一緒に、ドイツ選手を翻弄させて、
シャビ・アロンソや、ペドロ、
はたまたセルヒオ・ラモスへパスパスパス!
ドイツは混乱。誰が来るのかわからない!

最終的なアシストは誰だって良い!
一番「うぎゃー」となったのは、
散々かき混ぜた末の、
シャビ・アロンソからラモスへの
ゴール前絶妙パス!!

「ラモスかっけーーー」
約19時間前 movatwitterから

なんとなく、ラモスにはプジョルと同じ血が流れている気がして、
彼が果敢に攻めてくると
本当に頼もしい人だな!!って感激する!
株が急上昇中のラモス!!
彼の得点、ぜひともオランダ戦で観たいな!!

またあの素晴らしい縦パス!
なんでラモス走り込んだの!?
どうしてそのタイミングがわかるの!?

観てるこっちが、かっこよすぎるプレーに混乱だよ!


そしてまだまだまだまだかき混ぜる…!!
ビジャへの絶妙なパスも何本かくるけれど、
ゴールの右側を過ぎるばかり…!
おしい!あとちょっとなんだけど!もう一回だ!


そう思っているうちにやってきた、コーナーキック。
シャビが狙うのは誰?

高さはドイツが有利。
背の高いDFのピケやプジョルがあがってくるけれど、
過去の試合でもなかなかこういった形でのシュートは難しい。



と、思ったら!


すぺいん
ピケ「ひゃぁっ」
すぺいん
ピケ「ひゃぁっ」
すぺいん
ピケ「ひゃぁっ」

ゴールから少し離れていたプジョルが、
すぺいん
後ろから猛スピードで突っ込む!

ピケしゃんもビックリ!
相手チームも身動きとれず!
スペインチームもワンテンポ遅れて、

すぺいん
いよっしゃーーーーあ!!
プジョルが押し込んだヘディングシュートは、
矢のようにドイツゴールへ突き刺さった!

14センチ高いピケをも超えるジャンプ!
なんてパワフル!なんて猛々しい!!

「ほぎゃーーー プジョルーーー(*^_^*)」
約19時間前 movatwitterから

そういえば前半も、
イニエスタの絶妙のパスを
低い位置からヘディングでゴールを狙ったっけ!

シャビに「このままじゃダメだ!」と力説したプジョル。
後衛でずっとずっと、痺れを切らしていた!

スペインの勝利のためには、
誰から力いっぱい道を開かなければならない!!
前半も凄い勢いで突っ込んだけど得点には繋がらず。
でも誰かが行かなくては!
決定打が見つからないのなら、
俺が導いてやる!!
W杯3年連続出場の32歳。
チームの精神の要。
すぺいん
だからこそみんな、この上なく嬉しい!!
見事なコーナーキックをしたのは、やっぱりシャビ!
このシャビがめたんこカワイイ!
勝利の団子に迎え入れようとする、ラモスの表情も優しすぎる!

も 大好き!!
大好きだよ、このチーム!

今日はこうして写真をみながら、
「大好き!」って言葉しか出なかったよ!


試合は終盤に向う。
ここでビジャやペドロに代わって、
フェルナンドやシルバが出場!
フェルナンドには何かきっかけを掴めるものがあったかしら…?
シュートは打てなかったけど、
決勝には活躍してほしいね!
(でもスターティングメンバーには入れないで監督!)


そして、ロスタイム3分を終えようとした時、
観客の声援が大きくなる!
スペインの勝利だーっ!
もう、早朝から飛んだり跳ねたり!
体が止まりませんでした、私!!
どうしてこのチームはこんなに
楽しませてくれるんだろう!楽しすぎるよ!


見て!このピケしゃん!
すぺいん
お得意の喜びののしかかりで、
192センチの巨体
キーパーのカシージャスに勝手に預けてるよ!
絶対重い重い重い…!
さらにビジャがそのピケの首にぶらさがるという…!
よく怪我しないなぁこの人たちは…


ところで!
「ひゃぁっ」となったようなピケしゃんも、
専門家に言わせれば「決勝点演出 ピケ」になるみたいです!
プジョルがくることをわかった上で、
プジョルのおとりになったそうです!!
素晴らしいコンビネーション!!
ピケしゃんは、おっかなビックリではなく、
プジョルのアシストをしてたんですね~!!


とにかく、今や、
どの新聞、どのサイトをみても、
彼らのパスワークを称賛するものばかり!
もちろん、若干攻めあぐねてる感もあったけれど、
布石に布石を素敵に重ねた末、
やっぱり取れた1点だったね!

すぺいん
後ろのピケが(笑)
このチームのスタイルが物凄く好きだ!!
こんな感じでオランダを負かしてくれないかな!


それにしても、
すぺいん
スポーツって本当に美しいね…!


いよいよ、7月11日3時半、決戦の時。
すぺいん

歴史が、始まる。




-----

シャビさん!最後に一言!
すぺいん
大会前、スペインが優勝したら
「髪の毛を国旗の色に染める」って話をしてたみたいだけど!?
「あれ? 優勝したらメディアのみんなが
 坊主にするんじゃなかったっけ?」
と、
おどけてみせた。

もう!いちいち!
カワイイなぁ!!!!



ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 @POLLO, All rights reserved.