FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST

先日観た、
X-MEN:ファースト・ジェネレーション』。
そりゃもう期待通り、
ジェームズ・マカヴォイ可愛かった!!!
彼は裏切らないね!!
数日、ドキが胸胸したね!!

しかしその後別の余韻が
私に襲いかかって来たのだった・・・!!!



Take That Love Love

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のエンディング曲として
楽曲を提供した彼ら・・・一体何者!?

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

映画の主題歌ってのは
やっぱりかなりの宣伝力を持つんだね。

見事私はTake Thatの存在に雷を撃たれ
ライヴ映像だとか、他の曲のPV、
アルバム曲を聴くたび、みるみるハマった。

つまりは
すっげぇ魅力的な40前後のおじさん
TakeThat
ズラッと並んでるあたりがヤバいんです。

みんなそれぞれイケメン(重要!)じゃない!?
クールな感じかと思えば、
結構熱いし、踊るし、テンション高いしで、
まだ彼らのことをよく把握していない私にとっては
予測不可能過ぎて鼻血出る

とりあえずどんな方たちかは
Wikipediaでさくっと辿ってみてください。
私が知らないだけだと思うけど、
彼らは実は結構経歴長いんだね!

UK発ってことで、
インタビュー映像とか見ると
とにかくとろけそうなイギリス英語なんだけど、
なにより当時活動してた場所の関係で、
ゲイ・バンドとしてのイメージが強くなっちゃったってのが
いきなり笑かしてくれるよね!!

確かに若い頃の写真で
ちょっと趣向がおかしいのがいっぱいあって、
彼らの経験値ってものを感じだよ(笑)

『Love Love』のPVを観てても思うんだけど、
ほんとうにカッコいいんだよね、みんな。
だけど、振付が熱かったり、
異様にテンション高かったりで、
そのギャップにうへえええッて燃える
かっこいいけど、笑かしてくるのが最高。


5人だけど、1人脱退して、解散して、
TakeThat
4人でまた始めて、5人に戻ったっていう、
不思議な経緯がありながらも、
なんていうか音楽の完成度
ハーモニーの美しさってのは健在で、

(これは4人の時だね)
パフォーマンス力もかなり高い
なんかもーー振り付けしてるところがたまらないいい!!
曲によってメインボーカル変えてくるところも、
曲の幅を広げるよねー!

プロ根性っていうか、底力っていうか。
なんか凄いもん観ちゃった気がする。
や、とにかくイケメンでやばいんですって。
なにこの5人の雰囲気。
それぞれなんだけど、それぞれ素敵。

でも結局のところで、
どんなに顔が良くなってダメなのよ。
彼らの曲が良いから、
こんなにハマるんだよね・・・!!!

癖になる。
デビュー当初や90年代までは
実はまだ遡っていないんだけど、
(だっておっさんが好きだから←)
曲作り自体が上手いので、
遡るのも楽しみ(ま、あんまり青臭い時は微妙だけどだっておっさん好きだから)。


なんだか支離滅裂ですみません。
でもこの興奮をどうおさめたらいいのかわからず
とりあえず何か形にしなければ爆発しそうでした(まじで)。


最後にメンバーの名前を(私が)把握しておきましょう。
Take That
左からゲイリー・バーロウ
ハワード・ドナルド
マーク・オーエン
ジェイソン・オレンジ
ロビー・ウィリアムズ
メンバー内でもいろいろ関係に問題があった感じだけど
(観ててなんとなくわかるけどねw)
でも大人の魅力ムンムンだし、大丈夫さ、彼らなら!

誰が好きかっていうと、みんな好きなんだけど、
ハワードがいやにイケメン過ぎるんだよね。
あと一番小さくてかわいいマークも
パフォーマンスで特に魅せてくるのでたまらない!
顔的にはロビーが一番好きなんだろうけど、
ちょっと性格があれかなって(笑)。
や。パフォーマンスの感じから思っただけだから、
実際はどうか知れんよ!
ゲイリーも好きだよ!
ジェイソンは系統としては苦手な顔立ちだけど、
イケメンであることは認めざるを得ない!

じゃ、最後に公式HP

じゃ、またYouTubeでPV観てきます
こりゃぁしばらくエンドレスリピートだわ。

ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画





行って来ました!
ジェームズ・マカヴォイさん、かっこよかったですねー。
内に秘めた熱さはありつつも、あまりべたべた自分のカラーを出さずクールな雰囲気なのがかっこよかたです。
訓練中のちょっとシニカルな励まし方がツボでした。
私は決して映画に詳しいほうではないので、なるはさんみたいに色々語れませんが、私もたいがいイギリスキなもんで(ばれてる、ばれてる。笑)、純ハリウッド映画とは違う凛とした感じがすごく心地よかったです。
X-MENシリーズは先々週(?)の洋画劇場で予習として初めて見たのですが、いまひとつ今回の映画とつなげて考えることはできてません。
でもよく考えたらまずこれを見て既作をさかのぼってくと、一連の流れとして逆にいいのかも・・・と思っています。
語学に興味があるので、マイケル・ファスベンダーさんのドイツ語に釘付けでございました。
複数の言語が混ざってると英語以外のものがなんだかイロモノっぽく聞こえることがあるのですが、ドイツ語以外にもロシア語やフランス語などあんなに入り混じってましたが、すごく自然なのもよかったです。

個人的メインディッシュのエンドロールですが、彼らの名前を目に焼き付けておこうと、音楽関連のクレジットが流れ始めた瞬間身を乗り出して見入りました。
1行目曲名。(きたー!!!!!)
2行目グループ名!!!!!・・・かと思いきや、まさかのファミリーネーム羅列で度肝を抜かれ、3行目以降何が書いてあったのか見損ないました(大爆笑)。
まあ、プロデューサーとかレコード会社とかだったんでしょうけど。
アホ丸出しでごめんなさい。
帰る道すがら頭の中がBarlow一色になって、抑えきれずにずっとニヤニヤしながら歩いてました。恥ずかしすぎるー。
【2011/07/01 23:06】 URL | sara #aGQ4pUio[ 編集]

>>sara さん

こんにちは!コメントありがとうございます!
本当にお世話になってます☆ミ

観られましたか~!!
確かにこのシリーズはゴッテゴテのアメコミ原作ですが、
雰囲気はよかったですよね!!

英語以外の言語を話す俳優さんが
個人的にすごくセクシーで
(うまいかどうかは聞き分けられませんが。。。)自然でしたよね!


>個人的メインディッシュのエンドロール
ごもっとも(笑)

私は映画を観た時点ではTakeThatを知らなかったので、
「どれがエンディング曲だー??
 タイトルどこだー??」と
必死にエンドロール追いました・・・!
(確かにグループ名が目に留まらなかったのは、
 saraさんが言うようにファミリーネームだったから??)
YouTubeで検索した時も、
キーワードはこの映画の原題と「Love Love」でした。

この曲、頭から離れませんよね!
「Love Love♪」の裏声がたまらず、
私もゲイリー・バーロウの声に知らず知らず聞き惚れていたみたいです☆ミ

(ながながコメント返信すみません・・・)
【2011/07/03 16:21】 URL | なるは #-[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/09/02 23:29】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 @POLLO, All rights reserved.