FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST

2013年なるは'sアワード
“予告賞”ノミネート予告をまとめました!

~ ノミネ―ト作品 ~
はこの年の予告賞受賞作品
・受賞作品を観たい場合は『映画総集編2012』を参照してください。

①『もうひとりのシェイクスピア
②『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日
③『クラウド アトラス
④『マン・オブ・スティール
⑤『フィルス
⑥『ゼロ・グラビティ

--------------------------------------------------
映画総集編2013陽面着陸計画
2010年の映画予告たち。(2010年予告賞ノミネート予告)
2011年の映画予告たち。(2011年予告賞ノミネート予告)
2012年の映画予告たち。(2012年予告賞ノミネート予告)
--------------------------------------------------


まずはこちら。
①『もうひとりのシェイクスピア』

要所要所のセリフしかなく、
あとは音楽とともに、
シェイクスピアの名作が
政治とリンクしていく
のを
映像だけで目の当たりにする。
シェイクスピアは
本当に“シェイクスピア”だったのか?

ロンドンの全体像も俯瞰し、
スケールの大きさを感じ取れる。

ローランド・エメリッヒ監督の秀作。
観逃した人も多いんじゃないかな。。。
予告に期待を込めて良い。
本編で“秘密”の重さに触れてみて。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

②『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』

物語の壮大さに、
嘘がないことを証明した予告。

選曲がまず抜群なんだが、
文字の出し方が秀逸(ベタだけど)。

この予告のおかげで、私はカンボジアへ
飛ばずには居られませんでした。


映画に込められたテーマが、
体を伝ってくる予告


③『クラウド アトラス』

5分ものエクステンディット版であっても、
ネタバレが発生しない。
なぜなら本編はもっともっと
複雑に、且つ鮮やかに絡み合ってるから。

でも、物語のテーマが、垣間見れる。
そして、本編のテーマ曲を使って、世界観を逃がさない

映画を濃厚に凝縮した、予告の傑作
そして②の予告と同じように、文字の出し方がツボなのです。←単純(笑)
3連符、または3拍子攻めに弱い。
この予告、編集するの楽しかっただろうなぁ!!


受賞作である④は飛ばして。

⑤『フィルス』

Scissor Sistersの『Filthy/Gorgeous』が
あまりにピッタリな作品。
それをうまく予告編で投入。
このノリに、
本編を観ないわけにはいかなくなる!
予告としての効果がかなり見込める、
これまた編集上手な1本!


⑥『ゼロ・グラビティ』

え。なんなのこの映画。
予告だけで、絶句を誘う。
結果論、期待を裏切らない本編なんだけど、
騙されても良いから、
真相を知りたくなる
予告。
何がやばいことが起こる。
恐いもの見たさの、本能が揺さぶられる。

======

以上がノミネート作品でした。

その他にもオススメな予告を貼り付けておきます。

ゼロ・ダーク・サーティ

黒いラインが印象的な、
それでいて迫りくる危機感が半端ない予告。

アイアンマン3

トニーがもう、だめかもしんない
今すぐにでも映画館に駆け出したい・・・!
何に公開はまだ!?!?というフラストレーション感満載。
本編見せ場のシーンを、ダダ見せしてるわけだけど、
それは自信の証拠だったわけだ。

スター・トレック イントゥ・ダークネス

スケールのデカさ。現る強敵。
キャプテンに迫る試練。
この予告のせいでどれだけ公開が待ち遠しかったか!!

華麗なるギャッツビー

凄そうだな。バズ・ラーマンらしく。
それでいてレオナルド・ディカプリオの演技も。
ギャッツビーとは、いったい。
期待を掻き立てる。


ラスト。
エンド・オブ・ウォッチ

ちょっと大げさではあるけれど。
映画のスタイルが観てとれて、
本編のヤバさが伝わってくる。


世界の映画アワードは
なぜ予告賞を作らないのだろう!!
こんなに面白いのに!!!

ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 @POLLO, All rights reserved.